ノースリーコム

ダウンフォースを改造する

パイロットのダウンフォースがやたらペン先が軽くて安定が悪いので釣り用の板オモリをペン先の方に押し込んでみる。

折角なので三菱鉛筆のジェットストリームに、スタイルフィット用の替え芯がちょうど合うようなので交換。
ぬるぬる書けてとても良い、ついでにもう1本ダウンフォース買っておいたのでパイロットのアクロボール3の赤芯に変更。
元の芯よりどっちもぬるぬる書けてとても良い、ただメーカーは推奨してないらしい低粘度インク(笑)
まあ自己責任と言うことで。

ついでにグリップにゴム付けようと、100均で適当なボールペンを買ってきて分解、今回の犠牲者はプラチナ万年筆の奴(笑)
無理矢理押し込んで付けてたらちょうどいい感じだったのでアタリだったようである。

こんな感じ、意味もなくにこいち(笑)

スタイルフィット用の替え芯ケースにぐるぐると板オモリを巻いてゆく、厚手の奴にすりゃよかったなあ(笑)
まあとりあえず多めに巻いて、ちょっとずつはさみで切って調整、ぎりぎり収まるぐらい。
しかし、鉛使うのは評判悪そうだね(笑)まあ水草の重りとか適当な重さを付ける工作にいろいろ使えて便利な板オモリ。

奥に押し込んで振ってみたら落ちなかったのでよし(笑)

余った板オモリでもう一個。

まあとりあえず、ペン先にバランスが来ていい感じ、とりあえず芯ホルダーとこれで普段使いにはちょうどええかのう。

 

っとまあそんな感じでここで書いてたら、サーモスのふたの上のパッキンがふた開いた瞬間吹っ飛んでどこかに・・・。
探してもみつからん(笑)困ったもんだ。

コメント

CAPTCHA


Trackback URL

この記事のトラックバック